頻尿薬の副作用

頻尿薬にも副作用ですが、例えば頻尿を症状とする切迫性尿失禁の場合は、抗コリン薬及びβ受容体刺激薬の薬物療法で治療を行います。
抗コリン薬は膀胱の筋肉の緊張をほぐすもので、それによって筋の収縮が抑制され、尿もれが改善されます。
抗コリン薬の副作用ですが、便秘や口の渇きを感じたり、物がぼやけて見えたり眩しく見えることです。
特に前立腺肥大症の人の場合は、尿失禁の症状が悪化することもあり、抗コリン薬は用いられません。
β受容体刺激薬は、膀胱の筋肉をほぐして、尿道の締まりをよくする効果があります。
β受容体刺激薬の副作用は、吐き気や動悸や手足のふるえなどがあります。
また一般用薬品の頻尿薬であっても、皮膚のかゆみや発疹、下痢、腹痛、動悸、悪寒といった副作用が出ることがあります。
まずは服用前に医師や薬剤師に相談して、用法・用量を守って服用することが重要です。
そしてもしも服用して何らかの異変を感じたら、すぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

夜間の頻尿の悩みならこのサプリが効果的です

 

心因性頻尿が起こる原因とは

ヒトの体には、自律神経と呼ばれる本人の意志とは関係無く働く神経があります。
この自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられます。
交感神経は身体が活発に動くときに心臓の動きを速めたり筋肉を緊張させたりする作用があります。
一方、副交感神経は身体が休んでいるときの内臓の働きを活発にする働きがあります。
通常、交感神経と副交感神経は交代で働いており、いずれかが働いているときはどちらかが休んでいます。
ところが、緊張すると、このメカニズムが狂ってしまうことにより、両方の神経が活発に働いてしまいます。
それがいわゆる自律神経失調といわれる状態ろなります。
交感神経が興奮すると、血液の循環が速くなることで動悸が激しくなりドキドキします。
そのうえで副交感神経も興奮して腎臓や消化器の働きも活発になり、尿が速くたまってしまいトイレが近くなってしまうのです。

ノコギリヤシサプリを比較したサイトはこちら

ホワイトニングが絶対不可能なケースはどんな場合?

ホワイトニングを絶対にしてはいけない場合はどのようなケースでしょうか。
まず、妊娠中の方ば、ホワイトニングをすることは出来ません。
もし、痛みが出てしまった場合、鎮痛剤が飲めなくなりますし、痛みから来る刺激から流産してしまう可能性があります。
次に無カタラーゼ症の方もホワイトニングの対象外となります。
無カタラーゼ症の方はホワイトニング薬剤のメインの成分となる過酸化水素の分解をすることが出来ません。
そのため、ホワイトニング薬剤が体内で有害物質として、体内に残ってしまい、口腔壊死といった危険な症状を引き起こす可能性があります。
また、18歳以下の方は、成長途上の歯とみなされるため、ホワイトニングすることは出来ません。
最後に、ホワイトニングは天然の歯を扱いますので、歯が全て差し歯、被せ物、インプラント、入れ歯の方はホワイトニングの対象外となります。

ホワイトニング歯磨き粉のランキングを知りたいならこちらのサイト