頻尿薬の副作用

頻尿薬にも副作用ですが、例えば頻尿を症状とする切迫性尿失禁の場合は、抗コリン薬及びβ受容体刺激薬の薬物療法で治療を行います。
抗コリン薬は膀胱の筋肉の緊張をほぐすもので、それによって筋の収縮が抑制され、尿もれが改善されます。
抗コリン薬の副作用ですが、便秘や口の渇きを感じたり、物がぼやけて見えたり眩しく見えることです。
特に前立腺肥大症の人の場合は、尿失禁の症状が悪化することもあり、抗コリン薬は用いられません。
β受容体刺激薬は、膀胱の筋肉をほぐして、尿道の締まりをよくする効果があります。
β受容体刺激薬の副作用は、吐き気や動悸や手足のふるえなどがあります。
また一般用薬品の頻尿薬であっても、皮膚のかゆみや発疹、下痢、腹痛、動悸、悪寒といった副作用が出ることがあります。
まずは服用前に医師や薬剤師に相談して、用法・用量を守って服用することが重要です。
そしてもしも服用して何らかの異変を感じたら、すぐに医師や薬剤師に相談しましょう。

夜間の頻尿の悩みならこのサプリが効果的です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です