心因性頻尿が起こる原因とは

ヒトの体には、自律神経と呼ばれる本人の意志とは関係無く働く神経があります。
この自律神経は、交感神経と副交感神経に分けられます。
交感神経は身体が活発に動くときに心臓の動きを速めたり筋肉を緊張させたりする作用があります。
一方、副交感神経は身体が休んでいるときの内臓の働きを活発にする働きがあります。
通常、交感神経と副交感神経は交代で働いており、いずれかが働いているときはどちらかが休んでいます。
ところが、緊張すると、このメカニズムが狂ってしまうことにより、両方の神経が活発に働いてしまいます。
それがいわゆる自律神経失調といわれる状態ろなります。
交感神経が興奮すると、血液の循環が速くなることで動悸が激しくなりドキドキします。
そのうえで副交感神経も興奮して腎臓や消化器の働きも活発になり、尿が速くたまってしまいトイレが近くなってしまうのです。

ノコギリヤシサプリを比較したサイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です