ホワイトニングが絶対不可能なケースはどんな場合?

ホワイトニングを絶対にしてはいけない場合はどのようなケースでしょうか。
まず、妊娠中の方ば、ホワイトニングをすることは出来ません。
もし、痛みが出てしまった場合、鎮痛剤が飲めなくなりますし、痛みから来る刺激から流産してしまう可能性があります。
次に無カタラーゼ症の方もホワイトニングの対象外となります。
無カタラーゼ症の方はホワイトニング薬剤のメインの成分となる過酸化水素の分解をすることが出来ません。
そのため、ホワイトニング薬剤が体内で有害物質として、体内に残ってしまい、口腔壊死といった危険な症状を引き起こす可能性があります。
また、18歳以下の方は、成長途上の歯とみなされるため、ホワイトニングすることは出来ません。
最後に、ホワイトニングは天然の歯を扱いますので、歯が全て差し歯、被せ物、インプラント、入れ歯の方はホワイトニングの対象外となります。

ホワイトニング歯磨き粉のランキングを知りたいならこちらのサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です